Entry Navigation

クランクケース補修

ご依頼&ご紹介頂き有難うございますm(__)m。




チェーンが嚙み込み、ケースガードと共にM6ボルト穴近辺も粉々になった為、修復のご依頼を頂きました。
 
2017012514095790c.jpg
修復前の画像が見当たらず、作業完了の画像のみになりますが、肉盛り溶接後にリューターにて成形&仕上げ作業となりました。


この様な作業のご依頼もお請けさせて頂いておりますので、一度ご検討してみては如何でしょうか?



ご依頼をお待ち致しておりますm(__)m。




それでわまた
category
アルミ溶接

クランクケース修正


今回は以前に作業しましたクランクケース修正の様子をご紹介させて頂きます。






201603251044135ce.jpg 
今回作業するのはコチラの部分になります。








2016032510445146d.jpg コチラは見本でお預かりしましたケースです。
本来はこの様にM6ボルトの為の土台があるのですが、今回はその部分が欠損しているのでその土台を肉盛り&成形したいと思います。







20160325104538c76.jpg少し多めに肉盛りして形状を整えていきます。
 車体に載せたままの作業で色々とやり難いですが、作業は進行していきます。









20160325104634a76.jpg 裏側も整形中です。アルミカラーを製作して油圧クラッチ・ベースプレートを合わせてネジ穴の位置を確認して下穴&タップをたてます。








20160325104703ce5.jpg コレで作業は完了です。
本来ならケース単体での作業がやり易く、一番良いのですが(^_^;)今回はこの様に作業させて頂きました。

如何でしょうか?


この様な作業のご依頼もお請けさせて頂いておりますので一度ご検討されてみては如何でしょうか?
ご依頼をお待ちしておりますm(__)m。







それでわまた
category
アルミ溶接

超シャコタン対応

先日に作業しましたオイルパン加工の様子を少しだけご紹介させていただきます。





2014_7_8_1.jpg 車種は忘れてしまいましたが、
コチラのオイルパンの底上げ加工を進めていきたいと思います。






2014_7_8_2.jpg まずはカットしたい分をケガキ後にカットします。







2014_7_8_3.jpg そして、カットして必要の無くなったオイルパンの底部分からオイルドレン部分を摘出後、旋盤にて成形していきます。






2014_7_8_4.jpg 底になる板を切り出しまして・・・、







2014_7_8_5.jpg 温めながら溶接を開始していきます。







2014_7_8_6.jpg 歪みに気を使いながら溶接、シッカリと溶かし込んでいきますよ。







2014_7_8_7.jpg 最後にドレン取り付け個所に穴を開けまして、先程摘出&成形しましたボスを溶接し作業は完了しました。
歪みも最小限に抑えることができました。



この様な作業のご依頼もお請けしております。

その他のご依頼やお問い合わせ等もお待ちしております。
どうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m。




それでわまた
category
アルミ溶接

オイルパン修理

最近はFBの更新の方が楽で、そちらの方ばかりになってしまいますが、


コチラの方もマメに更新していこうと思った今日この頃です。



という事で久しぶりの更新になります




早速ですが、以前作業しましたオイルパン修理のご紹介です。




CA3F0593_20140701233744fee.jpg 車種は忘れてしまいましたが。。。




CA3F0594_201407012337462c7.jpg ドレーンボルトの締めすぎによるドレーンボスのクラックです。(画像クリックでボス座面の上側にあるクラックが分かるとおもいます。)
*ドレーンボルトのアルミパッキンはオイル交換時にはマメに交換しましょう。
アルミパッキンが潰れてきたからといって締め付け時にトルクを掛け過ぎると、ネジ山を潰してしまったり、最悪は今回の様にクラックが入ったりしてしまいます。



っで、ネジ山と座面部分は全て削り落としまして、




CA3F0595.jpg こんな感じに元のかたちに整形し易いように、成形しながら肉盛り溶接をしていきます。
溶接後に上面はフライス加工、側面はリューターで仕上げますので肉盛り溶接量は少々多めにしますよ。



CA3F0596.jpg 表側からは溶接が届かなかった個所は裏側から肉盛り溶接をします。




CA3F0597.jpg っで、肉盛り溶接の完了です。

この後、フライス加工~穴開け~タップ加工~仕上げと作業を進めていきましたが、画像が見つかりませんのでご紹介はココまでとさせていただきますm(__)m。



この様な作業のご依頼もお請けしておりますので、どうぞお気軽にご依頼くださいませ。




それでわまた
category
アルミ溶接