Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

OILキャッチタンクの製作

以前に、現車合わせにて製作しましたOILキャッチタンクのご紹介をさせていただきます。





2014_6_16 (1) 
車種は忘れてしまいましたが、このスペースにキャッチタンクを納める様に検討&製作を進めていきたいと思います。(CRキャブの後ろにはファンネルがありますので、エアーの吸入に支障のないように出来るだけ低くキャッチタンクを製作&設置する必要があります。)




2014_6_16 (6) 
先ずは型紙を製作して、少し大きめに材料を切り出します。




2014_6_16 (4) 
そして、サイズを確認しながら組み立てていきます。




2014_6_16 (2) 
取り合えずタンク部分の溶接は完了しましたので、これからドレーンとホース取り出し用のニップルを製作&溶接していきます。




2014_6_16 (3) 
ドレーンの製作&溶接完了です。




2014_6_16(7).jpg 
ホースの取り出し位置はこの位置に溶接しました。




2014_6_16 (5) 
背面には電装のBOXに固定できる様に取り付けボスを製作&溶接しました。


如何でしょうか?


この様なワンオフパーツの製作のご依頼やご相談もお待ちしております。


どうぞ宜しくお願いしますm(__)m


それでわまた
スポンサーサイト
category
キャッチタンク

ハスクSMS630

オイルキャッチタンクのワンオフ製作のご依頼です。
いつもご指名ありがとうございます。カワセイです!

車輌はハスクバーナSMS630、現行の最新鋭です。(詳しくは最近更に見やすくバージョンUPしたハスクバーナホームページをご覧下さいませ。)
サービス・装備されているパーツ等から考えてもかなりお買い得な感じになっておる様デス!

そんな車輌で本気レース?なんて事を企んでおられる某ショップ様のご依頼でキャッチタンク製作・・・、

ハスクSMS630オイルキャッチタンク・1 少し進んジャッテマスガッ、容量計算をして(レギュレーションで500CC以上となっている為それに対応させる必要があります。)ベースプレート製作・表プレート切り出し&曲げ加工・上下プレート切り出し・仮付け。

ハスクSMS630オイルキャッチタンク・2 一度車輌に取り付け・確認!
如何でしょうか?

ハスクSMS630オイルキャッチタンク・3 ブローバイホース・ジョイントパイプ製作、ドレンプラグ製作。
長い方がイン側になります。

ハスクSMS630オイルキャッチタンク・4 キャッチタンク全体を溶接後、ジョイントパイプ溶接。

ハスクSMS630オイルキャッチタンク・5 ドレンプラグも溶接、胴ワッシャ・ドレンボルト取り付け。

ハスクSMS630オイルキャッチタンク・6 磨き後、車輌に取り付け完成しました。(容量は515ccです。)
パッと見、個人的には車輌・エンジンとの一体感があって良いのではないんでしょうか?っていう感じがしますが、如何でしょうか?

それでわまた



category
キャッチタンク

ワンオフキャッチタンク

ワンオフキャッチタンク製作・サイレンサー修理(OH)・クラック修理などのご依頼有難うございます。

CA3F0247.jpg 車輌は、以前にもサイドスタンド・ショート加工等をウチでやった、
モンキーです。
お久しぶりでございます。

まずはオイルキャッチタンクの製作です。

CA3F0248.jpg こんな感じにステンレスで造りました。(ホースの差込みは外径8㍉×肉厚1㍉パイプに外径を肉盛り溶接・旋盤で加工してみたり・・・)
吹きませんyo~。

CA3F0249.jpg っで、取り付け完成しました。(配管はショップ様にお任せします)

あとはサイレンサーOHですが、ジョイント部分修正・リベット・前後シーリングも済みました。

エキパイも修正しようかと思いましたが・・・・・ムリ!っとコチラで判断させて頂きまして応急処置のみにさせて頂きました。

そんな感じで納車完了しました。(ラダーレール積んで行くの忘れましたがで抱えて降ろせました。)

それでわまた









category
キャッチタンク

GPMONO作業中です

只今作業中のGPMONOです。

CA3F0075.jpg 汎用の筒型キャッチタンクを外しまして、ここにピッタリのオイルキャッチタンクを・・・・・・、










を・・・・・・・・、













CA3F0076.jpg 製作しました! いつもの様に途中の画像は有りません。
スミマセン

CA3F0077.jpg 上から見てもらうとこんな感じに収まっています。

CA3F0079.jpg そして、赤バージョンのカ和製(最近になって変換してもコレしか変換されなくなってしまいました)ステッカーを見えなくなる所にそーっと貼って、

CA3F0080.jpg カウルを元に戻してキャッチタンクは終了しました。


残りの作業(グラスウール交換・テールパイプ径のサイズダウン)も完了しております。
明日エンジン始動をしてみて異常が無ければ作業完了になります。

引き続き、お待たせしてしまっている作業にも順次取り掛かります
しばらくお待ち下さいませ、よろしくお願い致します。

それでわまた
category
キャッチタンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。