Entry Navigation

2STのアルミサイレンサー修理

いつもご依頼&ご紹介を頂き有難う御座いますm(__)m。







今日はBEETのアルミサイレンサー(2ST)修理の様子を少しだけご紹介させて頂きます。






2017_03_10(1).jpg 
ご依頼品はコチラのサイレンサーになります。
損傷の具合は、サイレンサー内部ではインナーパイプが差し込み部分から外れていたり、割れて外に出てきていたり、グラスウールが完全に飛散しきって消えていたり、アルミボディーが凹んでいたりと様々です。






2017_03_10(2).jpg
作業は既に進行していますが、先ずは分解して洗浄等の下処理を進めます。
2本は板金修正うち1本はアルミボディーの新規製作して交換となりますので、材料を切り出して準備を進めます。






2017_03_10(3).jpg
キズの処理中です~板材を巻いて製作したアルミボディーは外側の繋ぎ目を処理して、イン側アルミボスとアウト側テールパイプ部のパーツを差し込み、組立やすい様に処理します。







2017_03_10(5).jpg アウト側テールパイプ部は既に溶接していますが、こんな感じに処理。







2017_03_10(6).jpg 
インナーパイプを製作~これからグラスウールを入れて組立~と作業を進めていきます。

本来はイン側はリベット留めタイプだった様ですが、強度的な問題からなのしょうか、先人は補修を重ねてていき最終的に溶接固定にたどり着いた様です。

溶接個人的には強度と今後のメンテナンスを考えると、イン側は溶接にして・アウト側テールパイプ部分はリベット留めの方が楽で良いと思うのですが、この年代のオートバイに取り付けるという事を考えるとやはりこの方が良いのでしょうね。。







2017_03_10(7).jpg インナーパイプとグラスウールの間にはステンメッシュを取り付け。。








2017_03_10(8).jpg
これで全ての作業は完了となりました。




如何だったでしょうか?




この様な作業のご依頼もお請けさせて頂いておりますので一度ご検討されてみては如何でしょうか?

ご依頼をお待ち致しておりますm(__)m。




それでわまた


category
マフラー修理

チタンマフラー修理

2015_4_27(1).jpg 少し前の作業になりますが、アクラポビッチサイレンサーの修理例です。


2015_4_27(2).jpg こんな感じに外筒を巻いて、新品時の素材&同形状にて修復が可能です。破損して困っている方の参考になればとおもいます。



category
マフラー修理

縦回りでしょうか

少し前にショップ様からご依頼頂きましたサイレンサー×2とミッドパイプ等々の修理の様子を少しだけご紹介させて頂きます。









修理のご依頼を頂きましたのはコチラの









CA3F0566_20140515223545bb1.jpg デビルサイレンサーです。正しくは、だった・・・でしょうか?エンブレムだけがデビルしておりまして、外筒は違う意味で悪魔の様な潰れ方をしております・・・(^^)
ご依頼いただきました時点で確か、今週末の全日本に間に合うかどうか・・、と云うお話でしたので・・・、一つ返事?でお請けさせていただきましたよ。
(正直、出発時間までに間に合わなければ浜名湖SAでお渡し、もしくは琵琶湖サーキットでお渡しになるかな~と思っておりました






それでは急いで作業へと・・・、







いつもの様に途中画像はありませんm(__)m







CA3F0567_20140515223546b38.jpg まずはサイレンサーバンドを修正です。
大体もとの形に修正完了です。






CA3F0565_201405152235435f4.jpg サイレンサー手前のミッドパイプも激しく潰れていましたがナントか修正します。
CA3F0568_20140515223551e6f.jpg ココまで修正出来ていれば性能も元通りです。
真円に近くなるように板金~サイレンサージョイント部分は排気漏れを起こさない様、特に気を掛けて作業していきます。






CA3F0570_20140515223818dc0.jpg 2本のうち、特に潰れの酷かった方は作業完了です。
(外筒は製作&交換・パンチングパイプは製作&交換・グラスウール交換)






CA3F0564.jpg あとは、フロントパイプとミッドパイプのストッパー部分にクリアランス調整の為のスペーサーを取り付けのご依頼も・・・細かいところですが、こういうトコロでサイレンサーの寿命も大きく左右されますよ~。






CA3F0569_20140515223816311.jpg っで、もう1本のサイレンサーボディーの凹み修正も完了しました。フロントパイプとミッドパイプのジョイント部分・ミッドパイプ側にクラックが見つかりましたので、追加で溶接しました。

この様な感じに作業も予定通りに完了~発送も完了しました。



*後日、優勝しましたと連絡をいただきました。(開幕から2連勝目だったかと思います)
コチラこそお手伝いさせて頂き有難うございました。m(__)m



この様な作業のご依頼もお請けさせて頂いております。
どうぞお気軽にお問い合わせ・ご依頼下さいませ。



それでわまた
category
マフラー修理

ヨ〇〇ラ凹み修理

以前に修正しましたマフラー修理の内容を少しだけご紹介させて頂きたいと思います。





1947461_269168439911453_391720450_n.jpg 
CA3F0502_20140326225053729.jpg 今回作業をしたのは
コチラのGSXR750用のヨシムラサイクロンマフラーです。




主なダメージ個所&要修正個所は上の画像の中間パイプ中央の凹みと




CA3F0504_201403262250543b0.jpg リアホイールアクスルシャフトのナットに接触した跡と思われる凹みです。




っで、作業は進行していきまして





CA3F0509.jpg 今回は裏から押し出して修正する為、
ココまで分解します。




CA3F0508_2014032622505771a.jpg っで、サイレンサーボディー凹みの修正完了。




CA3F0505_20140326225055c85.jpg エキパイ凹みの修正完了。




CA3F0510_20140328215647039.jpg 基本的には板金のみの修正ですので、深いキズは残ってしまいます。
ご依頼内容や依頼者様との打ち合わせによっては修正個所のみの造り替えや、全体的に造り替え等を行う事もあります。




CA3F0511_201403282156494d0.jpg サイレンサーのグラスウール交換・組立、軽く磨いて最後にガラスコーティングして完了です。


如何でしょうか?

この様な作業のご依頼もお請けしております。
どうぞ宜しくお願い致します。


それでわまた


category
マフラー修理