FC2ブログ
Entry Navigation

エキパイの凹み修理

いつもご依頼&ご紹介を頂き有難う御座いますm(__)m









前回の記事からまた暫く空いてしまいましたが、、、、









カワセイは毎日元気に営業しておりますよ









20190306_3.jpg 
今回は集合管の凹み修理の様子を少しだけご紹介させて頂きたいと思います。










20190306_1.jpg
ダメージのあるのはエキパイ集合部の凹み~コンビニなんかの車の輪留めの間を抜けようとしたりする時に良く引っ掛けたりするのを聞きます。。。。









20190306_2.jpg 
マフラーエンド部分にもダメージが有ります。。。。。









作業中の画像はありませんが、、順調に作業は進みまして、、、、、











20190306_5.jpg 
集合部と、、










20190306_4.jpg
マフラーエンド部分の凹み修理は完了しました。。。。。



この様なご依頼もお請けさせて頂いておりますので一度ご検討をされてみては如何でしょうか?



ご依頼をお待ち致しておりますm(__)m










それでわまた
category
浜松のバイク・マフラー修理屋さん

チタンサイレンサー補修

何時もご依頼&ご紹介を頂き有難う御座いますm(__)m







今回は汎用のチタンサイレンサー凹み修正&グラスウール交換の様子をほんの少しだけご紹介させて頂きます。









20181219_1.jpg 
既に分解されている画像からですが、これからチタン外筒&イン側&アウト側のチタンキャップ凹み修正と作業は進行していきます。









20181219_2.jpg 
板金修正後に組立て~グラスウール交換~キャップ&プレートのリベット留め作業へと進行して行ったわけですが、、、

※サイレンサー下に写っているのは取り出した古くなったグラスウールです。一見まだ使えそうに見えますが、飛散がかなり進行している状態でインナーパイプ脇はスカスカで飛散し易い状態でしたので、交換となります。。



組立完了の画像が見つからず~ご紹介はココまでとなりますが如何だったでしょうか?




この様な作業のご依頼もお請けさせて頂いておりますので一度ご検討されてみては如何でしょうか?

ご依頼をお待ち致しておりますm(__)m。。。。。。









それでわまた


category
浜松のバイク・マフラー修理屋さん

KERKERマフラー修理

明けましておめでとうございます。

そして本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m









カワセイは年明けは7日からは始動していましたがご挨拶が遅くなってしまいました。。。。。











年明け1回目と言いましても作業自体は去年の事ですが、少しづつ追いつきたいと思います。











20181012_1.jpg
作業をしましたのはコチラのサイレンサーです。











20181012_3.jpg
KERKERのプレートの辺りが凹んでいます。

分解可能な場合には板金修正も行いますが、今回は凹んだ箇所をピースごと交換します。










20181012_4.jpg
という事で、テーパー部分をカットしまして新規製作&交換します。










20181012_5.jpg
だいぶピンボケてしまいました。が、、、、、

グラスウール交換もしまして耐熱ブラックにて仕上げ塗装。。。。








20181012_6.jpg
作業完了です。。。。。。。








この様な作業もお請けさせて頂いておりますので一度ご検討されてみては如何でしょうか?








ご依頼をお待ち致しておりますm(__)m











それでわまた


category
浜松のバイク・マフラー修理屋さん

アクラだらけの補修

何時もご依頼&ご紹介を頂き有難う御座いますm(__)m









今回はサイレンサー修理をしました中で、

未だご紹介出来ていないモノをまとめてご紹介させて頂きます。










20181031_1.jpg 

コチラのアクラポビッチサイレンサーは転倒によりイン側チタンキャップ削れ&穴開きそしてカーボン外筒削れという具合にダメージを受けました箇所を、分解後に穴開き箇所を埋め&削れ箇所に合せて今後の為のと言いますか、補強の為のチョット厚めのチタン板を貼りました。

削れて穴が開く前に、まえもって補強する様に板を貼っておいても良さそうですね~。









20181101_1.jpg 
もう1件はコチラも転倒によりチタンボディー凹み&歪みにより正規の位置に取り付け出来なくなったチタンサイレンサーの補修です。
コチラでお預かりする前に補修を試みたとおっしゃっていました様に、バーナーで炙った跡があります。









20181101_2.jpg 
キレイに直すのでしたら新規製作&交換したいとは思いますが、

今回は現状から復帰させる方法~
凹みは深いですが、シワはそんなに有りませんので特には問題なく板金補修出来ると思います。









20181101_3.jpg 
分解後に裏から押し出して










20181101_4.jpg 
こんな感じに修正出来ました。










20181101_5.jpg 
エキパイの歪&ステーの修正も完了~










20181101_6.jpg 
組み立て&仕上げて作業完了です。











20181108_2.jpg 
もう1件、V‐MAXだったでしょうかね~?

チタンサイレンサークラックの補修作業です。(画像は分解後)










20181108_1.jpg
ほぼ1周に渡ってクラックが伸びていまして、ギリで繋がっている状態でした。










20181108_4.jpg 
クラック箇所&クラック以外の溶接で気になる箇所も再溶接です。









20181108_5.jpg 
ほぼ1周プラス、コレからクラックに繋がりそうな箇所の溶接も完了しましたよ。。









20181002_2.jpg 
グラスウール交換~画像は有りませんでしたが、組立作業も完了しました。。。






この様な作業のご依頼もお請けさせて頂いておりますので一度ご検討されてみては如何でしょうか?





ご依頼をお待ち致しておりますm(__)m









それでわまた


category
浜松のバイク・マフラー修理屋さん