Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

SR400マフラー修理

CA390478.jpg 今お預かりしているSRです。作業内容はステー割れの為1.5㍉から2.0㍉へ同形状にて交換・in側のパンチングジョイントパイプ取り付け(付け忘れなのか?なぜか外筒に押し付けてパンチングが固定されてました

CA390479.jpg メガホンサイレンサーのin側からです。下から触媒~パンチング~ジョイントパイプの順です。パンチングに差込部分は外径57パイで外筒の内径が50パイの為、ジョイントパイプは外径50パイと57パイの組み合わせ(57パイ側を50パイまでバーリングしてます。)・・・・分かります?まあ、見たまんまなのですが・・・。

CA390480.jpg あとは出口を綺麗に、してみました。

それでわまた。

 

スポンサーサイト
category
サイレンサー修理

バルカン消音機その他

CA390469.jpg バッフル完成しました。

静か過ぎても乗ってる感が薄くなってしまいますので、少しお楽しみの所も取っておきました。

一番耳障りな所をかなり効果的に消す事が出来ましたので、自分的には大変良いと思います。

後はオーナーさんに実際に聴いていただいてOKがでれば終了です。(ツーリングバックステーは今回は無しという事になりました。)

CA390472.jpg 続いてGB250。

シート・フェンダー・ウインカー等を外して・・・乗っけてみました。

タンクがもう少し長く(後方へ)、厚みが有れば良いかな~。

これから切って・延して・曲げて・くっ付けてその他色々・・・。

軽いプレッシャーの中ジックリ進めたいと思います。

CA390471.jpg 午前中にSRで御来店?御来場?(工場だから!でも工場内をモウチョットカッコよくしたいと思ってます。)のオーナー様。

伊東から3時間程掛けて車輌を持ち込んで頂きました。遠い所からのご依頼ありがとう御座います。ぺこり  帰りは車で5分程の駅まで送って行きそこから浜松駅で乗り換え、新幹線で帰って行かれました。

加工とリペアの内容は後日こちらからご連絡しますので少しお待ちくださいませ。

それでわまた。

category
マフラー加工

GB250

CA390468.jpg 只今お預かりしている車輌です。

フレーム加工・シート変更・中間パイプ取り回し変更+ジョイントタイプに変更、の予定で作業を進めます。

完成までもうしばらくお待ち下さいぺこり

CA390467.jpg それとこの車輌です。

音量を少し絞る為にバッフル製作・ツーリングバックのステー製作の依頼です。

色々試してみた様です(下のバッフル2種類)が、もう少し違うタイプのバッフルを製作する予定です。

それでわまた。

            

category
マフラー加工

ZRX中間パイプ加工

CA390461.jpg ZRXのマフラー加工です。サイレンサーがリアショックに干渉・かなり強引にサイレンサーを持ち上げないとサイレンサーバンドが留まりませんので、集合部とサイレンサージョイント部分でカットです。

CA390462.jpg フロントパイプエンド部の長さ調整・サイレンサーの角度あわせ・サイレンサー固定部のブッシュがかなり遊んでますので、インナーカラーの長さを調整してガッチリと仕事をしてもらえるように加工しました。

CA390463.jpg そしてエンジン始動、各部分のクリアランス等を確認して完成しました。

それでわまた。

category
エキパイ加工

もうすぐ再始動

SB250の整備をしました。

カムチェーンテンショナー・カムチェーンの交換です。そのついでに、

CA390459.jpg ラジエターホースなんかも膨張・伸縮に強く・耐熱性に優れるといわれる。

CA390457.jpg おしゃれな物に交換です。

CA390458.jpg そしてプラグコードも交換です。ジョイントプラグも付属されてましたが、あえてそれは使わず直にジョイントしました。

純正のコードは7.5パイでパワーコードは8パイですのでコイル側をチョイ加工です。

CA390460.jpg 純正コードに被せてあるホースを使って防振・防水対策しました。

低回転でも一発一発がしっかりしたようです。

これが走りにつながれば、ゆうことないですね!

それでわまた。

category
SB250整備

テール加工取り付け

CA390440.jpg 途中からですが、WR250用テールランプをDRZ400に取り付ける為、アルミでステーを製作中です。

CA390443.jpg 画像には有りませんが、サブフレームエンドのステーをフェンダー裏にピッタリ合う様に一本追加溶接(穴は空けませんでしたが、固定するかしないかはオーナーさんに任せます)したのでフェンダーの揺れもさほど気になりません(自分的に)。

LEDウインカーとナンバー灯を取り付けて完成しました。

これだけでもかなり雰囲気が変わりますね!

このオーナーさんは林道ツーリングやエンデューロ、たまにウイリーの練習?なんかもやりそうなので、ナンバーステーまでの距離をできるだけ短く・丈夫・邪魔にならい・スグに外せるように作ってみました。

オーナーさんにも気に入って頂けた様で、安心しました。

それでわまた。

category
ワンオフ

おっ、来ましたか。

CA390436001.jpg 本日、お預かりしたトライクです。フレーム修正&補強・ベアリング交換・プチカスタム・その他チェックのご依頼です。

CA390438.jpg オーナーさんの苦労がウカガエマス・・・。左右に揺らすとシナルはずの無い所がシナリます。ウーン困った、とりあえずシナリ過ぎて曲がった所の修正から始めてみます。

それでわまた。

category
トライク

富士クラブマンロードレース

CA390427.jpg 富士クラブマンロードレース(LOC)へ行って来ました。浜松を6時に出発して、8時に現地着。

CA390429.jpg 天気にも恵まれて、レース日和。

CA390430.jpg みなさんキャブセッティングに悩まされてましたが、特に大きなトラブルも無く予選終了。

CA390431.jpg 予選終了後も更にキャブセッティングを詰める為、ウォームアップエリアとピットを行ったり来たり、各々自分に合ったセットも出せて決勝へ。

CA390434.jpg スミマセン、一台写ってませんが二列程前に待機してます・・・。気持ち良く決勝も走れたようで、レース後の笑顔が良かったですね^^。エンジン回し過ぎて心配になった選手・レースが終わったのに、これから自宅へ帰る8時間耐久が始まる選手・ロケットスタートも決まってこれからって時にトラブルがあってリタイヤしてしまった選手・最後まで諦めずキャブセッティング、予選より6秒タイムアップしたライダー(№29)3位おめでとうライディングに、音にシビレマシタ。

自分も、もっと良い物を創るように頑張ります。

それでわまた。

category
レース

エキパイ修正&サイレンサー加工取り付け

CA390423.jpg中間パイプとサイレンサーのジョイント部分の交換です。走行時の振動や、サイレンサーの振れ等でステンレス製の中間パイプ側が削れて差し込みがガバガバになってしまい隙間からエアーを吸った跡もありました。

こうゆう状態で乗りっぱなしにしておくとグラスウール等の消耗が激しくなってやがて、消音材が減ってくる→音がでかくなり(ビリビリ音等)振動がでる→外筒が異常に熱くなる→パンチングにクラック→リベットが浮いて長穴になってくる→サイレンサー本体が落ちたり、サイレンサーエンドが落ちる、様な事にも・・・・。特にビリビリ音、そこから一気に悪化してくる様です。そこで対処すれば元にもどす事は比較的簡単です。バッフルの取り付けボルトなんかも要確認ですね、緩んでいてもビリビリ音が出ますし最悪ボルトが止まっていてもそこから欠けてバッフルが外れたりもするようです。

CA390424.jpg っで、完成です。

CA390425.jpg ヨシムラのチタンエキパイにK2tecのサイレンサーの組み合わせです。サイレンサーの全長が短かくバンドがエンド部分になってカッコ良くない・サイレンサーを車輌に対して平行に取り付ける為、中間パイプの延長と振りの変更です。

CA390426.jpg っで、完成です。焼き色を着けて欲しいとの依頼もありましたので、ほんのり着けました。

K2tecはカナリ凝った作りで表面処理も綺麗なので触るのにかなり気を使います。バッフル付きで、音量もすごく控えめで良いと思いました。

それでわまた。

category
マフラー加工取り付け

トライアンフ荷台加工

CA390391.jpg 加工前で、

CA390422.jpg 加工後です。

パイプは二分割にして、真ん中で溶接・手曲げなので、結構大変です。

メッキパイプ(Feパイプ)にSUS304パイプの溶接ですが、今までとくに問題はありません。Feの溶棒を使うかSUSの溶棒を使うかはその時々に決めて二度と外れないように色々と工夫して溶接していますので、Fe材とSUS材を”溶接する事は”可能です。

それでわまた。

category
ワンオフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。