Entry Navigation

ヨ〇〇ラ凹み修理

以前に修正しましたマフラー修理の内容を少しだけご紹介させて頂きたいと思います。





1947461_269168439911453_391720450_n.jpg 
CA3F0502_20140326225053729.jpg 今回作業をしたのは
コチラのGSXR750用のヨシムラサイクロンマフラーです。




主なダメージ個所&要修正個所は上の画像の中間パイプ中央の凹みと




CA3F0504_201403262250543b0.jpg リアホイールアクスルシャフトのナットに接触した跡と思われる凹みです。




っで、作業は進行していきまして





CA3F0509.jpg 今回は裏から押し出して修正する為、
ココまで分解します。




CA3F0508_2014032622505771a.jpg っで、サイレンサーボディー凹みの修正完了。




CA3F0505_20140326225055c85.jpg エキパイ凹みの修正完了。




CA3F0510_20140328215647039.jpg 基本的には板金のみの修正ですので、深いキズは残ってしまいます。
ご依頼内容や依頼者様との打ち合わせによっては修正個所のみの造り替えや、全体的に造り替え等を行う事もあります。




CA3F0511_201403282156494d0.jpg サイレンサーのグラスウール交換・組立、軽く磨いて最後にガラスコーティングして完了です。


如何でしょうか?

この様な作業のご依頼もお請けしております。
どうぞ宜しくお願い致します。


それでわまた


category
マフラー修理

2STチャンバー

NSR50のノーマルチャンバーの修理です。





CA3F0487_201403182222213ef.jpg サイレンサー入り口に有る、排圧調整の為のボス付近から折れてしまった様です・・・。

コース状況によっては好まれて使用される事の多いノーマルチャンバーですが、少しずつ出まわっているモノも減ってきている様ですので、このようなモノは貴重ですので少しでも残せるように・・・・、




CA3F0488.jpg 補修溶接です。
転倒などを繰り返していますと・・・折れるまでの間にサイレンサーも内側へと押されて
こんな感じに曲がっていますが、ココの修正は適度な所までとします。




CA3F0489.jpg こんな感じに一周します。
溶接で熱が入っていくにつれ、目視できていなかった枝分かれしたクラックが浮かびあがってきますので確認しながら作業を進めていきます~。



CA3F0491_20140318222259efd.jpg 最後に補強板を当てまして・・・、





CA3F0492.jpg 溶接・塗装も完了しました。
お大事に~。

この様な簡単な作業もお請けしております。
ご依頼などお待ちしております。



それでわまた




category
エキパイ修理

追加

リンクに



image11.gif 
焼津のレーシングプロジェクトベアーさんを追加させていただきました。m(__)m





ウチで造っています





ツインマフラー製作・4 KLX250・ツインマフラー




P5200770.jpgKLX250改
CA3F0908.jpgDトラッカー・ツインマフラー



CA3F0479.jpg等のマフラー製作後のセット出しやモタード車両製作等で大変お世話になっているショップさんです。


近々、ウチのSBのキャブのセット出しの件でお邪魔する予定です。


どうぞ宜しくお願いいたします。


それでわまた
category
お知らせ

CB450改マフラー加工

以前に作業をしましたCB450改のマフラー加工を少しだけご紹介させていただきます。





CA3F0474.jpg 
CA3F0475.jpg 作業前の画像です。
作業は上側の画像のエキパイの取り廻しから。もう少し車体側に寄せて空きすぎたクリアランス調整をイイ感じのトコロまで詰めます。
っで、下側の画像のサイレンサーを違うものへと変更し、更に角度をイイ感じに変更します。他にもフランジ部分の調整をしたり凹み修理やサイレンサーをOHしたりと作業を進めていきますね~。




CA3F0476.jpg まずはココの修正から、エキパイの曲げから斜めカット付近に口金が溶接されておりましてね、


CA3F0478_20140306220357083.jpg ココに口金の押えとフランジが入る事を考えると、
かなり窮屈な造りをされておりますが・・・、いけるかな~


CA3F0477_20140306220356487.jpg っで、取り敢えずはココをカットして取り廻しの変更(応戦)を進めていきますよ。


CA3F0480.jpg 左右に振ってみたり、長さを調整して良し!と思ったら迷わずに本溶接してしまいます。こうやって問題点を一つ一つ潰していく分けです。



CA3F0481.jpg その隙に今回取り付けるリバースコーンのサイレンサーの凹みを修理したり、


CA3F0482.jpg サイレンサーを分解したら、バッフル代わりに昔懐かしのピヨピヨが入っていたり・・、



CA3F0483.jpg これ以上は非分解なのか?



CA3F0484.jpg っな、部分を外してみたらグラスウールが完全に無くなってましたね~。なのでしっかりとグラスウールを詰めて組立て。


CA3F0486_2014031822221822d.jpg 凹みも修正しまして、


CA3F0485.jpg ステーも製作・溶接完了しました。



13944571470.jpeg っで、


13944571000.jpeg 加工・製作


13944571670.jpeg 完了しました。
しかし造りが綺麗な車両だな~。

ながくなってしまいましたが如何だったでしょうか?

この様な加工・製作のご依頼もお請けしております。
ご依頼・お問い合わせ等もお待ちしております。


それでわまた






category
マフラー加工

お知らせ

ネットショップの設定等々がしばらく掛かりそうなので本日中にコチラで先にお知らせさせて頂きますね。

*追記*
リンクの一番上の”カワセイパーツセンター”にて設定完了しました。
最初は何かと不慣れな事もあると思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします。



どの様なパーツか少しだけご紹介させていただきますと、





CA3F0534.jpg STDのスネルカム(20段階調整)で


CA3F0535.jpg 一段張ると


CA3F0532.jpg 70mmから


CA3F0537.jpg 60mmへと大体10mm程クリアランスが変化するのですが、





CA3F0540.jpg 今回製作しましたスネルカム(27段階調整)に交換しまして


CA3F0541.jpg 1段張ると


CA3F0539.jpg 70mmから


CA3F0543.jpg 65mmへと細かくチェーンを張る事が可能になります。


これがどういう事かと簡単に云いますと、Dトラッカー・KLX250等(KDX220やKDX250も同じスネルカムを使用しています)はチェーンが伸びて少しパタパタと音が出だしたなーと思う時点でチェーン調整をしようとしても、スネルカムの1段の変化が大き過ぎてどうしても張り過ぎてしまうのです。張り過ぎずに次の段に進めるまで待っていようとしている間に、リアアームはチェーンの接触でキズだらけ(チェーンスライダー以外の箇所)になり
スプロケットも傷んでしまい、また逆に張り過ぎた状態でも同様に余り良い事ではないのです。


その辺を上手くクリアーできないか?とずっと前から思って(自分も欲しかったのですが・・・、)いたのですが、今回ようやく重い腰があがり製作に漕ぎ着けました。


CA3F0529.jpg 下側が20段調整のSTD。
上側がカワセイオリジナルの27段調整のスネルカムです。(T4.5 のS45C材で製作)
少しでもコストを下げたかったので数字の刻印は打っていません。



CA3F0528.jpg 色は白メッキと黒メッキで今回は製作してみました。
如何でしょうか?

お問い合わせ・ご注文をお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。




それでわまた
category
オリジナル商品

オリジナルパーツ

本日、Dトラッカー250・KLX250・KDX220・KDX250用カワセイオリジナルのパーツが完成致しました。




近日中に画像をUPしてご紹介させて頂きたいと思いますので、あと少々お待ちくださいませ。




どうぞ宜しくお願いいたします。




それでわまた

category
ウェブショップ

整備

CA3F0470_201403011919426df.jpg クラッチまわり交換&キャブの同調も完了です。
ブローバイ⇒クリーナーBOX⇒ドレーン・・・、
ドレーンホースが一杯になりクリーナーBOXがタプタプでソレをキャブが吸い込み~白煙・・という感じでしょうかね。
次回はZ2テールに変更ですね~。



それでわまた

category
本日のカワセイ