Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

WR250X

先日、WR250Xを購入しました。(自分のではないですが)





ので、納車してからの様子を少しだけご紹介させていただきます。





10522618_310995772395386_558221210_n.jpg お決まりのっ、と言えばFMFパワーボムのフルエキですか?
と言う事で換装です。
重さもノーマルマフラーの約半分くらいになりますので街中での取り回しなんかもヒラヒラ~とだいぶん身軽に成りますね~(^^)
排気音は~ご近所様には配慮が必要かとおもいますが、
ココに居ますよ~的な、周りの車に対してのアピール度もまあまあな感じなので?
安全面にも効果はあるとおもいます。





それとセットで施工すると更に効果的なのがフルパワー加工です。





細かな事は書けませんが、





CA3F0602.jpg モーターも撤去してスッキリ~意外と重量物なんです。
CA3F0600.jpg メクラ蓋
CA3F0599.jpg メクラ蓋
CA3F0598.jpg ダイヤフラムは撤去しますが蓋は残します。
14042274230.jpeg 取り外したパーツ。





後はチョイチョイと加工&処理をしまして、





10529406_315284761966487_164702241_n.jpg 慣らし&試走開始です。
ハンドガードがアピールし過ぎ(何故かオレンジ)な感じもしますが。。
それよりもミラーをなんとかした方が良いな~





10537763_315299411965022_174858374_n.jpg っで、工場まで戻り(メーカーオプションのローシートが座り心地悪くて尻の限界に達しましたので「痔じゃないよ!」)走行距離も丁度100キロ。
特に不具合もない様ですのでこれで完了となりました。

あとは上手くやって下さいませ~行ってらっしゃいませ!!





それでわまた

スポンサーサイト
category
本日のカワセイ

お知らせ

カワセイは13日より夏季休暇に入ります。
休み明けは18日より通常業務となります。

何かとご迷惑をお掛けする事も有るかと思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします。   
カワセイ代表 川田


それでわまた


category
本日のカワセイ

オイルパン修理

最近はFBの更新の方が楽で、そちらの方ばかりになってしまいますが、


コチラの方もマメに更新していこうと思った今日この頃です。



という事で久しぶりの更新になります




早速ですが、以前作業しましたオイルパン修理のご紹介です。




CA3F0593_20140701233744fee.jpg 車種は忘れてしまいましたが。。。




CA3F0594_201407012337462c7.jpg ドレーンボルトの締めすぎによるドレーンボスのクラックです。(画像クリックでボス座面の上側にあるクラックが分かるとおもいます。)
*ドレーンボルトのアルミパッキンはオイル交換時にはマメに交換しましょう。
アルミパッキンが潰れてきたからといって締め付け時にトルクを掛け過ぎると、ネジ山を潰してしまったり、最悪は今回の様にクラックが入ったりしてしまいます。



っで、ネジ山と座面部分は全て削り落としまして、




CA3F0595.jpg こんな感じに元のかたちに整形し易いように、成形しながら肉盛り溶接をしていきます。
溶接後に上面はフライス加工、側面はリューターで仕上げますので肉盛り溶接量は少々多めにしますよ。



CA3F0596.jpg 表側からは溶接が届かなかった個所は裏側から肉盛り溶接をします。




CA3F0597.jpg っで、肉盛り溶接の完了です。

この後、フライス加工~穴開け~タップ加工~仕上げと作業を進めていきましたが、画像が見つかりませんのでご紹介はココまでとさせていただきますm(__)m。



この様な作業のご依頼もお請けしておりますので、どうぞお気軽にご依頼くださいませ。




それでわまた
category
アルミ溶接
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。