Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

復活成るか!

以前に作業しました、サイレンサー修理の様子を少しだけご紹介させて頂きます。




2015_2_23(4).jpg 今回修理するのはコチラのサイレンサーです。




2015_2_23(5).jpg 修理をするコチラの心が凹む程にクチャクチャです(^_^;)



2015_2_23(6).jpg 一番ダメージがあるのはサイレンサーボディーです。
補修する方法の選択肢としては、
1.サイレンサーボディーを新規で製作&交換
2.板金修正
の二通りですが、今回は2.で行きたいと思います。



2015_2_23(7).jpg 分解後、インナーパーツも歪み有りです。



っで、順調に作業は進行していきまして・・・・。



2015_2_23(9).jpg サイレンサーボディーとインナーパーツの修正が完了しました。
クシャクシャになっていたプレートも・・・、



2015_2_23(2)_20150625093820b23.jpgそれなりに復活、まだまだイケそうです



さらに作業は進んでいきまして・・・。
2015_2_23(3)_20150625093821a75.jpg インナーパーツ組立~グラスウール交換~リベット留め~シーリング~と、全ての作業が完了しました。


如何でしょうか?
この様な作業のご依頼もお請けしておりますので、何かのお役に立てればと思います。


最近はマフラー修理のご紹介が多いのですが、車両製作や、ワンオフ製作等のご依頼もお請けしております。

併せてご依頼やお問い合わせ等お待ちしておりますm(__)m。


それでわまた
スポンサーサイト
category
サイレンサー修理

本日は

本日は、19時頃までの営業とさせて頂きます。

ご依頼・お問い合わせ等々お待ちしておりますm(__)m。




それでわまた
category
本日のカワセイ

超ショート加工

今までで一番短いショート加工でしたのでチョットご紹介させていただきます。



2015_5_26(1).jpg 加工するのはコチラのアクラポビッチサイレンサーです。
良くみると、イン側(差し込みジョイント側)の下側が凹んでいるのが解りますね。


2015_5_26(3).jpg 今回はこの凹み跡が残らない様にという目的もありますが、車両とのバランスも考えてショート加工です。
キズついていましたリベットバンドも同素材で製作しイン側・アウト側共に交換します。


2015_5_26(2).jpg 併せてグラスウールも交換。



また、カスタムの進行や、他車種への付け替えで車両とのバランスが合わなくなった場合、
カワセイでは、サイレンサーボディーの製作やインナーパーツ等の製作も行っておりますのでお好みの長さに変更する事も可能ですよ。一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?


ご依頼やお問い合わせ等々お待ちしておりますm(__)m。


それでわまた


category
ショート加工

サイレンサー&エキパイ修理

少し前の作業になりますが、少しだけご紹介させて頂きます。




2015_5_11 (1) 今回はコチラの

2015_5_11 (2) KTM690DUKE用アクラポビッチサイレンサーです。

2015_5_11 (3) 中間パイプも同様に

2015_5_11 (4) ダメージを受けてしまいます。

今回は、予算を少しでも抑える様、
サイレンサー外筒は板金&リベットバンド交換、中間パイプはダメージを受けているピースのみ交換という感じに作業を進めて行く事にします。

2015_5_11(5).jpg サイレンサー外筒はナントか修復完了し、

2015_5_11(6).jpg リベットバンドの交換も完了しました。

2015_5_11(7).jpg エキパイは3ピースのみの交換となりました。


如何でしょうか?
この様な作業のご依頼もお請けしておりますので、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?

ご依頼やお問い合わせ等々お待ちしておりますm(__)m。


それでわまた

category
本日のカワセイ

休み明け

休み明け、本日から元気に営業しております。

ご依頼やお問い合わせ等々お待ちしておりますm(__)m。

category
未分類

お知らせ


カワセイは12日から16日まで休みとさせて頂きます。
もし休み中にお急ぎのご用のある場合は、携帯へ直接ご連絡頂きます様にお願いしますm(__)m。
できるだけの対応をさせて頂きます。
尚、本日の業務は20時までとさせて頂きます。

それでわまた✋
category
本日のカワセイ

ワイド加工

今回は、、先日に作業しましたVWワーゲン・ビートルのワイドリム加工の様子を少しだけご紹介させていただきます。



2015_4_30(1).jpg もう既に旋盤にセットされていますが、加工するのはコチラのホイルです。
ウチの旋盤だと15インチが限界なようです。
カット後にワイド加工して溶接する際に、歪み難く作業し易い位置でカットしていきます。



2015_4_30(2).jpg かなり際どい作業になりますが・・・、薄皮を残すギリギリまで切削していき、最後はバールでパキッっと切り離します。




2015_4_30(3).jpg ワイド加工に必要な帯板を切り出し、ローラーで巻いて




2015_4_30(4).jpg 比較です。




2015_4_30(5).jpg ワイド加工で4.5J⇒8.7Jになる計算です。





2015_4_30(6).jpg 溶接後に少し処理をしまして、ウチでの作業はここまで。
塗装はオーナーさんにお任せしました。



この様なご依頼もお請けしておりますので、どうかご検討くださいませ。

ご依頼や、お問い合わせ等お待ちしておりますm(__)m。



それでわまた
category
カスタム

チタンマフラー修理

2015_4_27(1).jpg 少し前の作業になりますが、アクラポビッチサイレンサーの修理例です。


2015_4_27(2).jpg こんな感じに外筒を巻いて、新品時の素材&同形状にて修復が可能です。破損して困っている方の参考になればとおもいます。



category
マフラー修理

GPZ

以前に作業しました、サイレンサー加工&フレーム(荷掛けフックの折れ)修理&サイレンサーステー・ブラケット新設作業の様子を少しだけご紹介させていただきます。



2015_4_23(10).jpg 車両はコチラになります。



2015_4_23(1).jpgまずはサイレンサー取り付け角度の変更から、中間パイプの角度はフロントから良い感じに立ち上がってきているので、これ以上中間パイプで跳ね上げるとインが崩れてしまいますので、今回はサイレンサーのジョイント部分で少しだけ角度を付けて跳ね上げ加工をする事にしました。(画像は溶接ビード付近でカット後に角度を付ける様に斜めにカットしたところです)



2015_4_23(2).jpg 元通りに溶接して、スプリングフックも新規に製作&溶接完了です。


2015_4_23(9).jpg 取り付けて、サイレンサー角度変更完了です。
(画像は全ての作業が完了した時点の画像で、下記の作業も全て完了してあります。)



2015_4_23(4).jpg 途中画像は有りませんが、荷掛けフック(画像右側)溶接&サイレンサーステー・ブラケット溶接も完了。
新設したサイレンサーステー・ブラケットに新たに製作するサイレンサーステー用のボスを取り付けクリアランスの確認中です。



2015_4_23(7).jpg 溶接中の熱により塗装が焼けてしまいますので、その部分のフレームの塗装も完了しました。



2015_4_23(8).jpg っで、配線等の元取り廻しが分からなくなる前に、取り敢えず元に戻していきます。今回ブラケットを新設するにあたり、リアショックの減衰アジャスターの行き場が無くなる為、減衰アジャスターとイニシャルアジャスターの位置を入れ替えました。


2015_4_23(9).jpg そして、(4番目の画像と被ってしまいますが、)サイレンサーステーの製作も完了。各部分の最終チェックも完了~全ての作業が完了しました。



この様な作業もお請けしておりますので、どうかご検討してみては如何でしょうか?

ご依頼をお待ちしておりますm(__)m。


それでわまた
category
カスタム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。