FC2ブログ

2ST

サイレンサー取り付けステー(フレーム側)の欠落⇒サイレンサー付け根の溶接部分のクラック⇒クラックも全周に広がり⇒パンチングが中からデテキチャッタけど辛うじて落ちずに繋がってるね!⇒上下左右に激しく振り回されてパンチングパイプも折れ曲がる&サイレンサー本体もブレーキキャリパーに激しく打ちつけられてベコベコ⇒パンチングパイプもそのうちブチキレて離脱、サイレンサーはコースへ置き去りにされて・・・・

みたいな感じだったのではないでしょうか?

っで、持ち込んで頂いたのが

CA3F0465.jpg 昨日。

っで、220でなくて250だったらSBのエンジン載るかな~(勿論エンジンハンガー類は全て造り直しとなります)なんて考えてみたり・・・。
ネック部分にもガッチリ補強が入ってますし、着地で良くヒットしてしまう部分のパイプの肉厚も厚く強度も十分そうなので、

CA390101.jpg こーなってしまって・・・・、(以前モテギの着地にて)

CA390117.jpg こうやって、


CA390124.jpg こーする事も(コレ結構良いですよ!コレやってからお台場GAMES TOKYOで2~3回着地でアスファルトにクリーンヒット、その他でも何度も打ってますが
今のところは何処も異常ありません!)・・・・。
イヤ!ココだけはヤットイタ方が良いかも知れませんネ!

Dトラ・SBのフレームって幾らになってる?っと思ってチョット調べてみたら10マソてぇぇぇ

以前に知り合いから7マソくらいて聞いた記憶があったのですが・・・・



等と色々考えながら・・・・



CA3F0467.jpg 完成!

作業前にまずはカーボン落としから⇒全て洗浄⇒アルミ外筒板金修正⇒IN・OUTのサイレンサーキャップ板金修正⇒インナーピースの板金⇒パンチングパイプの製作⇒中間パイプ・IN側のキャップ・パンチングパイプを合わせて溶接⇒グラスウール詰め⇒サイレンサー本体の組み立て⇒車輌側ステーの製作&ガッチリ溶接⇒っで完成!

今回もチョットガンバッテしまいました

コレでまたしばらくは練習に・レースに安心して使ってもらえるかとおもいます。


お待たせしましたコレで作業完了になります。



それでわまた


category
マフラー修理
genre
車・バイク
theme
修理
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kawaseidayo.blog54.fc2.com/tb.php/282-7548d047