FC2ブログ

レオビンチ修正

ご依頼ありがとうございました。(本日発送済みです。)

作業は、


CA3F0511.jpg 破損してしまったサイレンサーバンド(カーボン製)を
強度重視で(ステンレス材を使用)製作するというご依頼です。








早速製作開始です。








材料はSUS304材、板厚T2.0と3.0の組み合わせで製作します。







っで、







CA3F0512.jpg 完成しました。

幅を30mmで製作しまして、既製品のゴムバンドを使用しました。

コレで擦れても削れても千切れるまで使用出来ますし、ゴムバンド交換も量販店で購入して頂ければご自分でも簡単に交換できるので、イイ感じかと思います。

如何でしょうか?






続いてサイレンサー修正です。

修正前はグラスウールの飛散し過ぎ?の影響で、パンチングが3分割に折れてしまった状態でした。






画像は撮りわすれてます・・・・・・・いつもスミマセン。








っで、










CA3F0513.jpg既に完成してる画像からなのですが、
作業台にメモが残ってましたので、チョイと掲載させて頂きます。

この構造に出来る様にするまでの方が大変だったりした分けですが・・・、
ナントカ修正出来ました。







っで、








少し気になった箇所がココ








CA3F0514.jpg 当初使われていたパンチングパイプをテール側のジョイントパイプに差し込むと結構なクリアランスが開いてました。

計測すると外径47.5のパンチングパイプに対してジョイントパイプ内径が48.5mm・・・・。


だとすると、
グラスウールの大半が飛散⇒パンチングの共振⇒パンチング折れというよりも、
グラスウールチョイ飛散(馴染む程度の)⇒パンチング共振⇒パンチング折れ⇒グラスウール放出
っな感じだった事も考えれるかな?
ウチでも良く使用している圧縮グラスウール(紐状になったヤツね!)なんかだと、通常のグラスウールマットよりもユルく巻いたり・詰めたりする事があるので、尚更の事!

ここら辺はキッチリと作業しないとイケナイ所なので、






CA3F0515.jpg 1mm程度、外径を拡大して差込み









CA3F0516.jpg イイ感じで~す
後はジョイントパイプの縁を軽~く外側にバーリング(今回はバーリング風に板金しました。)
して、少しでもパンチングパイプに面で当たる様にしました。


今回はグラスウール詰め&組み立てはOPBさんにお任せしますので、引き続きお願いいたします。



っで、今回の作業は終了・発送となりました。





それでわまた

category
サイレンサー修理
genre
車・バイク
theme
修理
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kawaseidayo.blog54.fc2.com/tb.php/294-2e35abbc