FC2ブログ

チタンサイレンサー修理

先日に作業をさせて頂きました、
サイレンサー修理の内容を少しだけご紹介させていただきます。




PAP_0820.jpg これから作業にかかります。




損傷の具合は、




PAP_0821.jpg まずテールエンド付近の外筒の凹みとテールエンドキャップに歪みがあります。 リベットバンドは無傷のようです。






PAP_0822.jpg それとサイレンサーバンド付近の凹みとサイレンサーバンドの変形。
サイレンサーバンドは修正できそうですが、サイレンサーボディーは交換する事になります。




っで、作業開始です。





CA3F0845.jpg まずはサイレンサーバンド修正から。これは問題も無く作業完了です。





CA3F0835.jpg 続いてサイレンサーボディーに掛かります。
全長は500mmです。
既に、板厚0.6の板を三本ローラーで巻いて溶接が完了しておりますが・・・、



コレから更に




CA3F0836.jpg ビード部分を板金。





CA3F0837.jpg 磨きとコーティングも完了~。





作業は進行していきまして、






CA3F0842.jpg 組立完了です。






CA3F0843.jpg テールエンド部分もキレイになりました。

これで作業は完了となります。



いかがでしょうか?この様な修理等もお請けさせて頂いております。
状態にもよりますが、永く使用していて凹みや小傷等が目立つ場合でも、ボーディー交換出来れば見違える程に綺麗になりますよ~。

それに合わせてグラスウール交換も一緒にいかがでしょうか?
サイレンサーインナーの状態をチェックする事ができますし、また不具合や損傷を早期に発見出来れば、その状態にあわせた対策をする事が可能で、トラブルを未然に防ぐ事もできますよ。

ご依頼やお問い合わせをお待ちしております。どうぞ宜しくお願い致します。




それでわまた

category
サイレンサー修理
genre
車・バイク
theme
バイクのある生活
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kawaseidayo.blog54.fc2.com/tb.php/481-23da4e93