FC2ブログ

サイレンサーOH

本日は、毎度グラスウール交換のご紹介です~。最近はちり紙交換を見ないですね~。








CA3F1131.jpg今回 作業するのはコチラのチタンサイレンサーです。







っで、







分解しまして








CA3F1132.jpg ウールを確認・・・、
ココまでグラスウールが無くなっていますとパンチングパイプが中で踊っている事が多いですね。
そして、パンチングパイプ両端のキャップに差し込み・固定されている個所にクリアランスが出来てしまい、異音が発生します。
この様に分解しなくてもサイレンサーを単体で持って軽く揺すったり、手のひらで軽く叩いたりする事でもカサカサ音(グラスウールが飛散して内部で動いているかも・・)、カタカタ音(本来は固定されているパンチングパイプが内部で動いているかも・・・)等で内部の状況を知る事ができます。






CA3F1133.jpg 今回はサイレンサー内部から異音がしていましたので確認したところ、このサイレンサーは差し込み箇所をリベットで固定する様になっていました。(メーカーでこの様に製作されているかは不明で、追加工されているかも知れませんね~)
今回はグラスウールが飛散し、パンチングが振れ始め、カシメてあるリベットが緩んでしまったのだと思います。
やはりスリップオン等のパワーを追及されているストレート構造等のサイレンサーは、
マメにチェックして問題は早めに対処しておいた方が、他に与えるダメージも少なくなりますので、まずはグラスウール等も含めた消耗品の交換はお早めにすることをお薦めします。






CA3F1134.jpg っで、OUT側の差し込みクリアランスの修正も完了~。







CA3F1135.jpg グラスウールも新しく詰め替えまして、







CA3F1137.jpg 組立も完了~、全ての作業が完了しました。


この様な作業のご依頼もお待ちしております。
どうぞ宜しくお願い致します。




それでわまた
category
グラスウール交換
genre
車・バイク
theme
バイクのある生活
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kawaseidayo.blog54.fc2.com/tb.php/526-0c9f5d5f