900SS

今回は、以前に作業をしましたドゥカティ・スーパースポーツ900リアバンクのエキパイ製作の様子を少しだけご紹介させて頂きます。



2015_3_23(1).jpg 作業中は両手が塞がっており、途中画像を残す事はなかなか難しいですね^^
図面等はありませんので、イメージ出来た瞬間からピース数やピースの長さ、カットする角度を考えて一気に作業を進めてしまいますので、一区切り良い所の画像からのご紹介です。

上のパーツは右上からシリンダーの口金(フランジは後から通します)からエビ管ストレートパイプを使い左下端の部分でジョイント加工後にスプリングで固定出来る様にします。
(材料はSUS304を使用します。)





2015_3_23(2).jpg 更に作業は進行して行きます。








2015_3_23(5).jpg だいぶ端折り過ぎましたが、シート下でトグロを巻く感じで製作していきます。






2015_3_23(4).jpg Rがきつくなら無い様にしつつ、フレームやボックスとのクリアランスも考えながら取り廻していきます。

画像中央のエキパイとフレームがクロスしている個所、隠れている親指の部分にステーを造り、エキパイとフレームをラバーマウントにて固定します。






2015_3_23(6).jpg っで、エキパイの本溶接、汎用チタンサイレンサーとのジョイント作業も完了して、最後にエンジン始動~シート裏のクリアランスやテールカウルのクリアランス等々、各部クリアランス等を再度チェック、排気漏れ等のチェックも済ませて全て異常なし、作業完了です。





この様な作業のご依頼もお請けしておりますので、どうぞご検討くださいませ。


ご依頼をお待ちしておりますm(__)m。



それでわまた
category
エキパイ製作
genre
車・バイク
theme
バイクのある生活
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kawaseidayo.blog54.fc2.com/tb.php/599-126e20e3