FC2ブログ

テイラーメイド

以前に施工しましたサイレンサー修理の様子を少しだけご紹介させていただきます。




2015_6_9(1).jpg 私の
地元の北九州からで、高校時代の友人からの依頼品です。
サイレンサーのメーカーはtaylor madeです。

以前に、リベットが緩んで排気漏れが酷いのでどうにかならないか?と、相談を受けました。
その時はリベット増しをしてみては?と助言をしたのですが・・・、もうどうにもならなく成った様ですね~



2015_6_9(2).jpg っで、まずは分解してみますが、インナーパイプの形状が独特です。
サイレンサーキャップの絞りも浅く、その為なのか?元もとのリベット穴が排圧で引き千切れていました。それが原因で排気漏れ&インナーパイプのガタ付き&グラスウールの飛散と云う風に連鎖していったのでしょうか?


2015_6_9(4).jpg 今回はイン側&アウト側のキャップ(ステンレス製)は再利用して
チタン製のサイレンサーボディーのみを製作&交換する事にします。




2015_6_9(3).jpg 新規に製作したのはステンレス製のサイレンサーボディーです。
そして今回はキャップがリベット穴だらけで、そのままのリベット穴を使用する事が不可能なのでリベット留めでは無く、溶接留めにする事になりました。




2015_6_9(5).jpg そして、溶接で非分解仕様になる為にグラスウールでは無く、排気熱&飛散に強いステンレスウールを使用します。





2015_6_9(6).jpg っで、溶接。クラック等も一緒に溶接補修します。





2015_6_9(7).jpg 完了です
これ位であれば入り口⇒出口の位置やオフセット量の採寸もし易く、現車も必要ないので、次ダメになったら、別形状でワンオフ製作ですかね~?

取り敢えずは飛ばし過ぎに注意です



この様な加工&製作のご依頼もお請けしておりますので、一度ご検討をしてみてはいかがでしょうか?

ご依頼をお待ちしておりますm(__)m。



それでわまた

category
サイレンサー修理
genre
車・バイク
theme
バイクのある生活
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kawaseidayo.blog54.fc2.com/tb.php/609-d67df8d7